公務員1年目初期①

公務員体験記

前回の記事では、私が公務員を辞めることになった3つの原因を列挙しましたが、この記事ではそのうちの一つ目、

先輩職員にクズが多かった点を書いていこうと思います。

放置される新人職員

私は4/1に配属先に到着してすぐに実際に働くことになるとは思っていませんでした。

配属された初日は、部署に挨拶回りして、配属部署の仕事内容にレクチャーを受けて終わりくらいかなと、勝手に思っていたのです。

ところが、4/1の午後から「早速即戦力として現場で働いてもらう」と課長に言われ、4/1初日から実務に就くことになったのです。

正直「え?」って感じでした。

何も仕事内容とか説明されてませんけど?

ともあれ、仕事をすることになった私。ちなみに、私以外にもう1人、新人として部署に配属された同期がいました。

その同期支えあいながらも、一緒に悪戦苦闘する日々が続いたのです・・・。

私の部署は某区役所の市民課。住民票とか戸籍とかを主に管理する部署でした。

まあ窓口が混み合ってること。そもそも4月とかって引っ越しとかで住民票を移すとか、各種変更手続きに来る市民がたくさん来て混み合う時期なのですよ。

さらに、私の配属された区は、某区役所の中でも人口が最多の区であり、窓口に来る市民もめちゃくちゃ多いのです。

かなり騒がしいというか、たまに怒号が聞こえてくるのです。

「早くしろー!」「俺の順番まだかー!」「何でこの申請が通らないんだよ!」とか色々です。

こんな中、何のレクチャーも受けないままに実践投入されたのです。

唯一教えられたのは住民票と印鑑証明書のプリントの仕方だけ。。おいおい!

いや、説明する時間が無いのは分かる。こんなに窓口混んでるんだもの。それは分かる。

でも、だったら予めマニュアルとかを作っておいてくれればいいじゃないか。簡単なものでいいから。

それすら無いって、新人にどうしろというのか泣

というか、今まで何十年も誰もマニュアルとか作らなかったの?何やってんの?

こんな感じで、この部署は入庁日から無茶苦茶な部署でした。

というわけで、何の説明もマニュアルも無く、放置されて仕事をすることになったのですが、当然ミスの連発。

ミスっていうか、教えられてないんですけど・・・怒

怒られまくる日々

そんな感じで仕事がスタートしたんですが、毎日のように怒られていました。

「この申請書、ここ間違ってるぞ!」みたいな。

そりゃそうでしょ。教えられてないんだもの。と心の中で思いつつも我慢して「すいません・・・」と謝っておりました。

最初にさせられた仕事は、住民票・印鑑証明書・戸籍の発行と申請受付でした。

住民票の発行の仕方とかって一定のルールがあるわけですよ。もちろんイレギュラーな案件もありますけで、だいたいこういう処理の流れみたいなのがあります。

最初はマジで何も教えられないまま仕事に就かされたので、流れとか無視して仕事をやるわけです。

でもそれで怒られるっておかしくね?と毎日思ってました。

ルールを教えられたうえでそのルール通りにやらなかったら有罪ですけど、そもそも放置されて何も教えられぬまま実践投入されたのですよ?

むしろ私は被害者ですけど・・・って当時は思っていました。

しかも、怒られるの先輩職員からだけでなく、窓口に来る市民からも怒られる訳ですよ。

何の知識も無い状態で、「ちょっとそこの人!」って窓口の市民に呼ばれて窓口に行くわけですが、手続きについて質問されても、こっちは何も分からないのです。だって何も教えられてないから。

まあそこでも市民から怒られるわけですよ。当然ですよね。分からないことを聞かれる度に

「ちょ、ちょっとお待ちください!すいません!」と言って、先輩職員の元へ。何て回答すればよいかを聞いてから窓口に戻って回答する。その回答に対してまた質問が来る。また先輩職員に聞きに行く。こんな繰り返しをしていると市民からは「教育がなってない」とか「遅い!」とか怒鳴られるときもありますし、先輩職員も忙しいのに何回も聞きに来るなみたいなオーラを出してくるわけです。

まあ精神的に疲れていました。何でこんなに怒られるん・・・。

時には市民に間違えた情報で案内したことがあって、それでめちゃくちゃ怒られました。

何を間違えたかって「委任状」と「宣誓書」を間違えたのです。私の部署には似たよう名前とか様式の申請書がたくさんあって、中でも「委任状」と「宣誓書」は間違えやすいあるあるの一つだったのです。

あなたの手続きなら「宣誓書」があればいいですよって言ってしまったあの頃の私。その手続きは本当は「委任状」が必要だったのです。

しょーがないじゃんか。レクチャーゼロで仕事を始めて、分からんことがある度に先輩職員に聞きに行き、鬱陶しがられながらも何とか仕事を無理やりこなしていた状態ですよ。そんな状態なら言い間違えくらいちょっとは発生するって。。

というか、あるあるミスくらい職場として共有しといてよ・・・。

どれだけ新人が市民から怒られようが、先輩職員は知らんぷりですよ。

自分に火の粉が降りかかってこなければ、先輩職員はそれでよかったようですわ泣

仕事を一通り覚えるまで、最初の1年間はこんな感じでした・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました