私が公務員を辞めた理由

1.配属先の職員が最悪だった

 私が公務員(某市役所)を辞めた理由のひとつは、配属先の上司や職員に変人が多かったからです。

まず、上司。55歳くらいに上司でしたが、まあ仕事をしない。忙しそうにせっせと働いてる職員もいる中、手伝うことはしないし、もっと言うと、仕事の仕方にケチをつけてくる。

ケチをつける暇があるなら手伝えよといつも思っていました。もう自分がこれ以上出世できないと分かっていたから、ヤル気ないんですよ。55歳で係長なら、もう出世なんてできないですからね。

次に、他人のミスだけに過剰に怒ってくる先輩職員。

自分のミスは棚にあげて、他人のミスを発見すると怒ってくるという典型的なクズでした。

民間ならこんな人も少ないはずなんですよ。組織の中で自分の立場をキープするためには、人間関係を良好にしておかないといけないですから。

でも出世するつもりのない公務員職員は何でもできるんです。だって、高評価を得る必要がないですから。

高評価でも低評価でも給料変わらないですからね。

こういう職員が40歳代以降の職員でかなりいます。うんざりですよ。

正直者がバカを見る世界

 公務員は、正直者がバカを見る世界です。

頑張って働く人、サボる人。両方いますが、どちらも給料は同じなんです。

私は、自分で言うのはおこがましいですが、かなり頑張っていました。なのに、年齢が上というだけで仕事してない40歳以降の職員の方が給料が高いというのは、本当にむしゃくしゃしていました。

仕事してないクセに、自分の方が頑張っているのに、自分の方が給料が安いとは、、、って感じですよ。

そのクセ、ケチだけはつけてきて先輩風を吹かしますから。

でも公務員の給料の仕組み上、そうなるのはもはや必定なのですね。

だって頑張っても頑張らなくても給料同じなら、頑張らない方がお”オトク”ですから。

公務員の仕事にやりがいが無い原因のひとつはコレなんですよね・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました