⑫公務員2年目中期~彼女ができる~

公務員体験記

公務員生活に嫌気が差していた、いつ辞めてもおかしくなかったこの頃の僕ですが、少し気持ちが上向いてきたのです。

それは彼女ができたことでした。仕事の環境が変わったわけではないんですが、プライベートの充実感が仕事にも影響したのでした。

彼女ができて気持ちが上向く

この時、彼女ができてなかったらホントにその時点で辞表を出していたかもしれません。それくらい僕にはインパクトが大きい出来事でした。

僕は、大学在学中に彼女が居たんですが、大学卒業と同時に別れて以来、彼女はいませんでした。早く次の彼女欲しいなあと何となく思っていたんですが、大学時代の友人が女の子を紹介してくれることになったのでした。

紹介してくれた女の子と数回会ってゴハンしたりして、トントン拍子に付き合うことになったのでした。

ホントにたまたまというか、この時期に彼女ができたのは今から思えばラッキーでした。

久しぶりにできた彼女にテンションが上がって、自分磨きをし始めたのが仕事面にもプラスの影響を及ぼしたのです。

美容に力を入れ、髪型も清潔感のあるものにして、ジムやランニングで体を鍛えたり。

次の週末はどこに遊びに行こうか考えるなど、とにかく気持ちが上向いてきたのです!

これが仕事にも影響し、何となく仕事のヤル気も回復してきたのです!

今思えば、ホントに人生何が起きるか分からんなということです。仕事以外のことで、しかも偶発的なことで人生が変化した訳ですから。

残業代で給料激増&大事なことに気づく

この頃は仕事面でも変化がありました。

マイナンバーの仕事がいよいよ本格的に動き出したのです。この年の10月から全国一斉にマイナンバー通知カードが発送されることになり、その対応で仕事量が激増したのです。

僕はマイナンバーのメイン担当を任されていたので、正直てんやわんやでした。

終電で帰る日も珍しくないくらいの日々が半年以上続くことになるのでした。

でも、僕はここでもラッキーでした

ありがたいことに残業代は絶対に出る部署にいたので、残業代ががっぽり給料に上乗せされて入ってきたので、手取りが今までの倍とかになっていたのです。

給料が安くてイヤに思っていた僕にとっては結構嬉しかったのです。それに、彼女ができた時期でもあったので、彼女と遊ぶお金も欲しかったので、残業をあまり苦には感じなかったのです。

さらに、その後のも影響する大事な気づきを得ました

僕って一人で作業するのは苦ではない」ということです。

この頃の僕は、残業するときはたいてい一人か、数人で作業しているだけでした。

普通なら一人ぼっちで夜遅くまで残業するのって、辛いことだと思うんです。

でも僕はむしろそっちの方がやりやすかったんです。一人で何かをコツコツ作業していくことが自分には向いてるんだなってことに気づいた瞬間でした。

僕はかなり周りの目を気にしてしまうタイプの人間だったので、一人で仕事するのがこんなにも楽だったのかと感じたのです。

思えば、今まで僕が「成功」してきたことってだいたい一人で何かをコツコツやる系だなと気づきました。

勉強しかり、陸上部で長距離を走るとか・・・

ぼく

「僕って共同作業じゃなくて、他に天職があるんじゃね?」って思い始めて、それから転職先を探す道筋が付いたキッカケでした。

人生、何が起きるか分からん!

彼女とマイナンバーで人生に転機が訪れたといっても過言ではありませんでした。

ホントに偶然の出来事。タイミングが良かっただけ。たまたまその時期に彼女ができて、マイナンバーが始まり、たまたま僕がその担当をやることになっていて・・・

人生何が起きるか分からんですね。。

それに、一人で作業するような仕事だったっていうのも、僕の性には合っていたというだけですからね。他の区役所のマイナンバー担当は激務に耐えかねて一時休職した職員もいますから。

自分の「得意」と「タイミング」がたまたま合っただけ

いかに才能があるような人でも、タイミングを間違えればその能力を発揮することができないこともある。スポーツ選手とかもそうですよね。

入りたいチームに入れなかったとか、たまたま他にもスター選手が居て、自分にはスポットライトが当たらなくなったとか・・・。

考えても仕方ないことですが、タイミングってホントに重要ですね・・・。

コメント